読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自治体の目玉施策を考える  その6 名古屋城天守閣を木造に 名古屋市

こんにちは。

今回は市議会議員報酬増額で揺れる名古屋市を取り上げています。

www.nikkei.com

http://mainichi.jp/articles/20151205/ddl/k23/070/127000c

名古屋城天守閣を木造に/愛知県名古屋市 毎日新聞

外国人が名古屋で訪れる場所ベスト5で名古屋城はトップになっていました。またお城ブームや歴女ブームなどから日本人の観光客も多く訪れられていると想像できます。木造が本来の姿であり、木造にすれば更なる観光客の増加が期待できそうです。また木造の天守閣建築には宮大工など技術者の最高技術がつぎ込まれ、技術の伝承や担い手の増加、林業の発展も期待できそうです。この建築が成功すれば他のお城や一般の木造建築で禁止されていた3階以上の建築にも応用できるかもしれません。

しかしながら、観光客のどれほどがこれに反応するかは未知数です。コンクリートから木造に変わっても見た目はそんなに変わらないようにも思えるのです。また巨額の財源をどうすべきかは大いに問題です。寄付金で賄えればいいですが、税金を投入するのであれば住民投票が必要になってくるでしょう。

私としては財源の問題はさておき、この取り組みには賛成です。デービット・アトキンソンさんの言う日本の伝統文化を保持することにつながるからです。こういった取り組みがなければ技術の伝承や林業の発展、階層木造建築も困難となってしまいます。

toyokeizai.net