読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性的な公務員 おとなしい人=公務員じゃなかった その6

今回は復興庁事務次官の岡本全勝さんです。刻々と変化する時代にある中で、新しい課題をいち早く認知し、対応を自ら考えなくてはならなくなりました。法律によって与えられた任務を遂行するだけでなく、新たな課題を発見する広い視野と柔軟な発想が今、公務…

個性的な公務員 おとなしい人=公務員じゃなかった その5

今回は「南三陸町ネイチャーセンター準備室」を取り仕切る産業振興課水産業振興係長の太齋彰浩さんです。東日本大震災で町に大きな被害があった後は、水産業の復興に尽力され、未利用資源を無駄なく使う「地域循環の仕組みづくり」にも取り組まわれていらっ…

個性的な公務員 おとなしい人=公務員じゃなかった その4

Mr.復興」と呼ばれた男。マッキンゼーを経てNPO、社会的起業、復興庁政策調査官も勤めておられた藤沢烈さんです。

個性的な公務員 おとなしい人=公務員じゃなかった その3

個性的な公務員シリーズその3として木村俊昭さんをご紹介いたします。彼は「斜陽の街」と呼ばれていた同市の地域活性に奔走され、全国初の歴史的建造物を活用したライトアップや、老舗ガラス工房誘致によって「ガラスの街・小樽」としてのブランド化に成功…

個性的な公務員 おとなしい人=公務員じゃなかった その2

先週に引き続き「個性的な公務員」を紹介します。二人目は唐沢寿明さん主演のドラマ「ナポレオンの村」のモデルとしても有名な「ローマ法王に米を食べさせた男」の高野誠鮮さんです。

個性溢れる公務員 おとなしい人=公務員じゃなかった その1

「個性的な公務員」の第一弾として、佐賀県庁の円城寺 雄介さんを紹介します。 いい仕事をするために挑戦していけるのが、公務員の最大の魅力、公のためになることを、困難に立ち向かって突破することができるのが公務員、と彼は言います。